看護部からのお知らせ Information

  • TOP > 
  • 看護部からのお知らせ
看護部からのお知らせ

糖尿病看護認定看護師による講座を行ないました

2012年10月31日 お知らせ

かわさき健康塾にて、糖尿病看護認定看護師の原田看護師が講演をしました。

今回のテーマは足のケアについて。

糖尿病の三大合併症のひとつである神経症と「フットケア」の大切さについてお話しました。

・糖尿病の合併症と症状

・神経症による症状

・毎日足を観察することの大切さとチェックポイント

・足のケアのポイント

などについて地域の方々にご説明しました。

糖尿病の合併症による足壊疽を予防するためにも、これからも「フットケア」の大切さを地域の方々に語りかけていきたいと思います。

 

次回は「糖尿病の方の靴の選び方」をテーマに講演を予定しています。

 日時:11月5日(月) 14:00~14:30

場所:ソリッドスクエア 西館1階3番会議室

 



かわさき健康塾、11月スケジュールを掲載しました

2012年10月29日 お知らせ

川崎幸病院は、10月から「かわさき健康塾」と題して、地域の方々を対象に医療講座を開始しました。

健康塾には、医療者を目指す学生さんも聴講にいらしております。看護大学・看護学校の先生方、学生さんにも意義のある講座にしていき、皆様に当院のことを知っていただくきっかけになればと考えております。参加費無料・事前申込不要ですので、ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

 

【11月の講座予定】

①「糖尿病の方の靴の選びかた」 

講師:原田 浩見(糖尿病看護認定看護師)

日時:11月5日(月) 14:00~14:30

場所:ソリッドスクエア 西館1階3番会議室

②「防ごう!インフルエンザ」 

講師:福島 里美(感染管理認定看護師)

日時:11月5日(月) 14:30~15:00

場所:ソリッドスクエア 西館1階3番会議室

③「褥瘡(床ずれ)の予防について」

講師:酒井 千鶴子(皮膚・排泄ケア認定看護師)

日時:11月28日(水) 15:00~15:30

場所:ソリッドスクエア 西館1階3番会議室

 

かわさき健康塾のマスコットキャラの「フクロウ」もデビューしました。

かわいがってください。

 

 

 




感染管理認定看護師による講座を行ないました

2012年10月22日 お知らせ

かわさき健康塾にて、感染管理認定看護師の福島看護師が講演をしました。

今回のテーマはインフルエンザの予防について。

・インフルエンザウィルスについて

・インフルエンザの感染経路

・予防接種の効果

・予防対策

などについてお話しました。

 

★かわさき健康塾マスコットがデビューしました。

10月20、21日の川崎市幸区の区民祭りにて、

かわさき健康塾のマスコットの「フクロウ」がデビューしました。

これからも、地域の方に親しまれる「かわさき健康塾」でありたいと思います。

 

【川崎健康塾】

演題:「防ごう!インフルエンザ」 

講師:福島 里美(感染管理認定看護師)

日時:10月22日(月) 14:30~15:00

場所:川崎市教育文化会館 5F視聴覚室

 

※次回の福島看護師の講座

日時:11月5日(月) 14:30~15:00

場所:ソリッドスクエア西館 1F第3会議室


 

 

 



皮膚・排泄ケア認定看護師による講座を行ないました

2012年10月15日 お知らせ

かわさき健康塾にて、皮膚・排泄ケア認定看護師の酒井看護師が講演をしました。

今回のテーマは褥瘡について。

・褥瘡とは何か?

・褥瘡の原因

・褥瘡の予防

などをテーマに一般の地域住民の方々にわかりやすい言葉で

お伝えしました。

わたしたち看護師もどんどん地域へ出かけ、看護を、医療をわかりやすく伝えていきたいと思います。

 

【かわさき健康塾】

演題:「褥瘡って何?」 ~床ずれの予防について~

講師:酒井 千鶴子(皮膚・排泄ケア認定看護師)

日時:10月11日(木) 14:30~15:00

場所:川崎市教育文化会館 5F視聴覚室

 

※次回の酒井看護師の講座

日時:11月28日(水) 15:00~15:30

場所:ソリッドスクエア西館 1F第3会議室



川崎市消防局と合同防災訓練を行ないました

2012年10月15日 お知らせ

10月13日(土)に、川崎市消防局と合同で防災訓練を行ないました。

訓練は火災が起きたことを想定して、患者さんの搬送や消防隊による消火訓練などを行いました。

ヘリコプターも出動し、屋上から患者さんを救出する訓練も行ないました。

 

非常時に、スムーズな行動ができるようにするためには、定期的な訓練が欠かせません。

 

今後も災害に強い病院を目指して、防災・災害対策を強化していきたいと思います。



 
PAGE TOP