看護部について NURSE DEP

委員会活動

川崎幸病院では、看護部運営を効果的に実践するために看護部直属委員会を設置し活動しています。

委員会 目的 機能
教育委員会
  1. 医療チームの中にあって、看護の役割と責任を果たすことのできる人材を育成する
  2. 研修・研究および教育を通して、看護職の資質の向上ならびに看護の充実と改善を図る
  1. 院内教育研修の企画・運営・評価
  2. 院外研修の案内・推薦
  3. プリセプターシップ・教育担当の支援
  4. 臨地実習指導者の支援
  5. 研究活動への支援
看護支援
システム委員会
  1. 看護業務の円滑な遂行を図るために業務の改善を図り、充実させる
  1. 看護基準・手順の見直し
  2. 業務改善・記録マニュアルの改訂
  3. 記録の監査
  4. クリティカルパスの推進
  5. 帳票類の整理
医療安全対策委員会
感染リンクスタッフ会
美化委員会
  1. 医療チームの一員として、医療が
    安全に提供されるようにリスク感性を高める
  2. 報告書から分析・対策・評価を行う
  3. 院内を様々な角度から検討する
  1. 院内安全教育研修の
    企画・運営・評価
  2. 報告書の分析と現場への
    フィードバック
  3. 院内巡視チームの活動推進
・心電図アラームコントロールチーム
・転倒転落防止対策チーム
・口腔機能管理チーム
・誤薬防止対策チーム
・NST
・CST

委員会活動紹介

教育委員会

看護職員の臨床能力を高め、個々が看護の専門性を追求できる研修を企画・運営しています。看護師としての責任感や問題意識を持ち、主体的に看護の質の向上に取り組めるように支援していきたいと考えています。
すべての看護師が、安全で安楽な看護を、同じレベルで患者さんに提供できることを目指して、教育内容を充実させていきます。

看護支援システム委員会

看護支援システムの効果的な運用と看護記録の質の向上を目指して活動を行っています。具体的には、①看護支援システムの入力に伴う問題点の抽出と改善策を検討し、運用基準、入力基準を見直し改訂を行う。②看護記録、看護計画、基礎情報の定期的な監査を行い、評価改善し看護行為が見える記録を行うなどです。

医療安全対策委員会

当委員会は川崎幸病院における医療安全の確保とこれに向けた組織的取り組み推進のために設置されました。
主な活動として、①事故報告の収集、分析②事故防止策の構築と実施③医師、看護師、薬剤師などによる勉強会④具体的な活動として、転倒転落アセスメントシートの検討、離床センサーとの連動監査⑤2ヶ月毎の心電図勉強会などを行っています。

医療安全対策委員会

感染リンクスタッフ会

病院全体の方針を決定する「院内感染対策委員会」の下に位置し、ICTと各部署との橋渡し役としてまた現場での感染対策ロールモデルとして、川崎幸病院の質の向上に寄与しています。
看護師・コメディカルが各部署から集まり、対策統一のためのマニュアル作成、周知を図る広報活動、感染対策の基本となる手指衛生推進を中心に活動しています。

感染リンクスタッフ会

美化委員会

整理整頓を徹底し、院内の環境美化を維持し快適な療養環境を提供するために活動しています。
①院内ラウンドを行い、環境美化の維持が行われているか監査し改善提案を行っています。
②自部署の環境保全のためスタッフへの働きかけの中心となる役割を担っています。

美化委員会

NST(栄養サポートチーム)

栄養サポートチーム(NutritionSupportTeam)とは、職種の壁を越え、栄養サポートを実施する多職種のチームです。
栄養サポートとは、基本的医療のひとつである栄養管理を、症例個々や各疾患治療に応じて適切に実施することです。当院では各科でNSTを結成し、週1回のカンファレンスを行い、急性期の段階から継続した栄養管理が行われるよう検討しています。

NST(栄養サポートチーム)

褥瘡委員会

医師、病棟専任者、管理栄養士、リハスタッフ、薬剤師、事務などの多職種で活動しています。月1回の委員会活動や褥瘡回診(週1回)を通じて、褥瘡対策状況の情報交換や問題点の検討を重ね、褥瘡ケアの質の向上を図るとともに、患者に対して、創傷の苦痛を与えないように、日頃からの褥瘡予防、ポジショニング、スキンケアを大切しています。

褥瘡委員会

化学療法検討委員会

医師・薬剤師・医療相談・看護師・診療クラークが月に1回集まり開催しています。
主な目的は、レジメン(投薬薬剤、投与量、スケジュール)に対しの新規導入・承認・意見交換を行います。また、具体的に化学療法が行われる臨床の場や、連携施設での問題点や改善点の検討をすることで、統一した運用ができるよう活動しています。

化学療法検討委員会
チーム活動の紹介はこちら
 
PAGE TOP