看護部について NURSE DEP

病棟・ユニット紹介 地域の救急医療と急性期医療を担う病院

 川崎幸病院は2012年6月に新築移転をし、その機能を拡充。
 初療室3床・ホールディングベッド14床をもつER。ハイブリッド手術室1室を含め10室に拡大した手術フロア。ICU8床の他に各病棟にCCU(心臓集中治療室)・SCU(脳卒中ケアユニット)など専門の超急性期病床を合計49床備え、専門性に基づいた重症集中医療・看護を行える体制を整えています。

一般病棟

一般病棟川崎幸病院は、かねてより疾病ごとに医療センター化を進めてきました。
現在、当院には、心臓病センター、脳血管センター、消化器病センター、川崎大動脈センター、泌尿器科レーザー治療センター、放射線治療センターがあります。
各医療センターを核に、病棟ごとに高度専門医療・看護を提供しています。
一般病棟紹介 ページはこちら

集中治療室/中央部門

川崎幸病院は「断らない医療」を理念にかかげ、全スタッフが一丸となって救急医療に取り組んでいます。
救急搬送は年間約1万台。緊急手術に対応するために手術室10室、ICU等の重症病床49床を備え、専門性に基づいた重症集中医療・看護を行える体制を整えています。今後さらにセンター機能を拡充する構想があり、重症・集中ケアを学ぶ環境を整えていきます。
集中治療室/中央部門
集中治療室/中央部門 紹介ページはこちら

専門・認定看護師/診療看護師

専門・認定看護師/診療看護師 専門・認定看護師、診療看護師さんには、各々の専門知識・技術を十分に発揮し、当院の看護の質とレベルを向上していただきたいと願っています。
そのために、必要な支援は積極的に行い、働きがいのある環境づくりをサポートします。
専門・認定看護師/診療看護師 紹介ページはこちら
 
PAGE TOP