看護部について NURSE DEP

看護部チーム活動紹介 患者さん中心の医療のために

口腔機能管理チーム

2009年4月より入院患者さんの「口腔衛生環境を改善すること」・「摂食、嚥下機能を適切に保つこと」を目的に、当院登録医である愛仁歯科医院の院長先生、歯科衛生士に協力いただき、看護師、摂食・嚥下障害看護認定看護師、リハビリ部門、退院調整、MSWを中心に活動しています。
当院では、入院時から口腔内のリスク評価をして標準化したケアを提供しています。また退院後も地域でケアを継続できることを目標に口腔機能管理を行っています。

口腔機能管理チーム

緩和ケアチーム

週1回の緩和ケアチームの回診、カンファレンスを行っています。
がんと診断された時から、早期より、痛みなどのつらい身体症状や不安、落ち込みなどの精神的な苦痛を和らげ、患者さんとご家族が自分らしい生活を送れるように多職種と協働して支援しています。各職種の活動は積極的に患者さんのお部屋にうかがい、患者さんやご家族の心配ごとに病棟スタッフの方と共に対応させて頂いています。

緩和ケアチーム

心電図アラームコントロールチーム

当院では、心電図など、生体情報モニタリングを装着する患者さんが多いため、安全確保と事故防止の観点から、適切なモニター使用、迅速・確実なアラーム対応が行えるよう、看護師、臨床工学技士及び医療安全対策委員会メンバーが一体となったモニターラウンド(院内巡視)を行っています。さらに最新の知見を習得するため、具体的事例も交えた勉強会を2か月に1回、開催しています。

RST呼吸ケアチーム

RST(ResperatorySupportTeam:呼吸サポートチーム)とは、人工呼吸器を使用している患者さんに対して、少しでも早く人工呼吸器を外せるように、また合併症を起こさないよう医療スタッフをサポートするための多職種(医師、看護師、臨床工学技士、理学療法士など)で構成されたチームになります。現在、RSTでピックアップした患者さんや病棟から依頼のあった患者さんを中心に週1回回診をしています。

緩和ケアチーム
RST回診

防災対策チーム

地域の災害医療の中心となる病院を目指し、滞りのない対応が行えるよう看護部・コメディカル部・事務部が一丸となって活動に取り組んでいます。災害対策に関する勉強会や多数傷病者トリアージ訓練、火災想定の患者搬送訓練など、本番さながらの訓練を通じて病院としての災害対策の構築に取り組んでいます。

訓練のようす

緩和ケアチーム
緩和ケアチーム
緩和ケアチーム
緩和ケアチーム

●防災対策チーム院内新聞

防災対策チームでは、防災訓練の内容を院内新聞としてまとめ、院内に周知しています。振り返りをすることで、訓練内容の理解度を高めていきたいと思います。

2014年防災対策チーム院内新聞
2014年2月号
2014年7月号
2014年9月号
2014年10月号

 
PAGE TOP