看護部について NURSE DEP

一般病棟 専門性に基づく重症集中医療の提供

10階南病棟消化器病センター(消化器外科/呼吸器外科/乳腺外科)

10南病棟は消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科の患者さんが入院しています。がん患者さん多く、手術療法(術前後)・放射線療法・化学療法・緩和ケア療法まで一貫した看護を実践しています。
がん患者さん以外には、良性疾患(虫垂炎、胆石、腸閉塞、ヘルニア、胆嚢炎)の方が多くクリティカルパスを用いて計画的な標準治療を行っています。
多職種連携に重点を置き、病棟内をストーマ・退院支援・NST・緩和の4チームに分け、カンファレンス等を開きながら活発なチーム活動を行っています。
病棟の雰囲気
若い!明るい(にぎやか…)!体育会系!声が大きい!そんな病棟です(笑)看護の面でもプライベートの面でも、お互いに言いたいことが言い合えるし相談し合える雰囲気があります。
外科系病棟で看護処置が多いからでしょうか、活動的で活気にあふれた病棟だと思います。
こんな看護が身につく
術後の患者さんが多く、術後管理として創傷処置・局所陰圧閉鎖処置・ドレーン挿入中の看護などが学べます。また消化器疾患の特徴としてストーマ保有者が多く、装具選択や装具交換の機会もたくさんあります。また、チーム活動を通じ自分の興味のある分野をより一層深めて学習をすることもできます。
学習面ではチームからの勉強会や研修参加者からのレクチャーなどをカンファレンス時に行ったり、医師やメーカーなどからの勉強会も多く学べる機会がたくさんあります。
PAGE TOP

10階北病棟消化器病センター(消化器内科/婦人科)

10階北病棟は、楽しく明るいスタッフがチームワークよく助け合いながら、平均在院日数5~6日を達成している「消化器内科・婦人科」の病棟です。
主な疾患・治療
・消化器内科領域では、「ERCPやESD・ポリペクトミー・止血術などの内視鏡的治療」、「肝硬変や潰瘍性大腸炎などの慢性難治性疾患」、「内科的治療対象の悪性疾患」
・婦人科領域では、子宮がん・卵巣がん・子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮脱などの周手術期看護を、主にクリティカルパスを運用して取り組んでいます。

こんな看護が身につく
・消化器内科では内視鏡センターへの研修を行い、検査や治療の実際を学び、看護に役立てています。
・婦人科領域では、周手術期看護から、喪失感に対する精神的ケアなどに関わります。
・HCUへの長期研修で、術直後・重症患看護も学ぶことができます。
・消化器・婦人科ともに「がん看護」に幅広く携わるのも特徴のひとつです。化学療法・放射線治療、終末期看護を行っています。
目指す看護
・様々なカンファレンスを通じて他職種と連携し、個別性のある継続的な看護が出来るように取り組んでいます。また、新入職のスタッフに対して病棟全体でフォローし、不安なくステップアップ出来る様な教育体制を取っています。
PAGE TOP

9階南病棟脳血管センター/形成外科

脳神経外科を主体とし、脳卒中ケアユニット(SCU)を9床、一般床36床を持ち、急性期から患者を受け入れています。主要疾患はくも膜下出血、脳内出血、脳梗塞の3疾患が8割以上を占め、意識障害・言語障害・高次脳機能障害・片麻痺といった症状の患者が多いです。後遺症が残ることが多い脳外科領域の看護では、早期にリハビリを開始し、残存機能を活かした生活の再構築を中心に他職種が連携・情報を共有しながら転帰の方針をチームで検討しています。
病棟の雰囲気
脳外科病棟のため、麻痺や高次脳機能障害、嚥下障害などの症状が残りリハビリを必要とする患者が多いです。毎日、ケアや処置、手術・検査なども多いため忙しい病棟ではありますが、科長を中心に日々力を合わせて動きまわっています。スタッフの中には威勢が良く男前気質の人も…
一人一人のキャラクターは濃いめですが、バランスのとれた若いスタッフの多い病棟です。退院が決まると、充実感や達成感、時には寂しさを感じるほど看護を通して患者・家族との濃い時間を過ごす事が出来ます。
うちの病棟では、こんな看護が身につく
疾患によりADLやコミュニケーションに看護を必要とする患者が多く、リハビリ病院へ転院や、在宅へ退院する場合など転帰先によりご家族への介護指導や社会資源が必要になります。そのため日々医師、看護師、リハビリ、MSWなど他職種が連携を取りながら必要な看護を提供しています。このように一人の患者さんに対してチームとして関わることができることも貴重な学びや達成感につながると思います。2年目ナースからは、病態の知識を深めるために先輩ナースと一緒に月1回の勉強会を実施しており、“患者の全体像を考えながら一緒に勉強することで、見えなかった部分や考え付かなかったアセスメントを知ることができた。分からない部分を同期や先輩とともに勉強することで自分の力につながった”と好評です。
オフタイム
この病棟のオフタイムといえば、どこかで何らかの会が催されていると言っても過言ではありません。歓送迎会はもちろん、忘・新年会、お祝い事と聞けばその都度楽しい会が開かれています。また、先生方や他部署との交流もあります。
同期で旅行へ出かけたり、時間を合わせて誰かと誰かは食事に行って仕事やプライベート(恋愛?!)な相談をしたりと楽しい時間を共有しています。
PAGE TOP

9階北病棟腎臓内科/泌尿器科

腎臓内科・泌尿器科が主体の病棟です。急性期・慢性期・終末期と多岐に渡る患者さんが入院しています。退院後の生活を見据えたセルフケア能力の支援に、多職種チームで取り組んでいます。また、周術期管理や透析導入の対応・指導、尿路変更に伴うストーマ管理などの専門性も求められます。 スタッフみんなで学習を深め、専門性の高い看護を提供できるように頑張っています。
こんな看護が身につく
9北病棟では、病棟内で専門チームを組んで看護をしています。腹膜透析、血液透析、泌尿器のチームがあり、病棟内での活動だけでなく、法人内外来部門と協働することもあり、多職種間の連携を深めることにも努めています。 多くのスタッフが所属していて、自分の興味のある分野の視野が広がり、やりがいのある仕事ができます。そして、日々のカンファレンスを通して幅広い看護の提供が身に付きます。また、指導等を通して患者さんと密に関わることが多いので、コミュニケーション能力が高まります。
透析室紹介
透析ベッドは14床あり、午前・午後の2クール対応となっています。透析業務専従の看護師と透析CEとで患者さんのケアにあたっています。 透析業務に長く携わっているスタッフが多く、透析導入の患者さんも、長い期間透析をされている顔なじみの患者さんも、主疾患の治療と併せて、不安なく安全に透析治療が行えるよう、様々な面からサポートしています。 また、当院での手術予定の患者さんに対して自己血貯血業務も行っており、各科の先生や検査技師さんたちと連携し、スムーズな処置となるよう努めています。
PAGE TOP

8階病棟川崎心臓病センター(循環器内科/心臓外科)

川崎心臓病センターは循環器内科・心臓外科を主科とした病棟です。当センターは、2019年11月に病棟再編により病床を拡大。診療機能を強化し、心臓外科手術の件数も今後増加していく予定です。医師や関連職種のスタッフと一緒にハートチームとして団結して頑張っています。 循環器内科、心臓外科領域でスキルアップをしたいという方、エントリーをお待ちしています。
主な疾患・治療
冠動脈バイパス術、心臓弁膜症に対する弁置換・弁形成術、肥大型心筋症に対する心筋切除術。重症心不全、急性心筋梗塞、狭心症の心臓カテーテル治療や検査での短期入院、アブレーションやペースメーカー・ICD植え込み術などの不整脈治療、睡眠時無呼吸症候群や失神に対しての検査入院など総合的な循環器診療を行っています。
こんな看護が身につく
循環器を主科としているため、急変に対応できるように病棟で取り組んでいます。
ICLSのインストラクター主体で勉強会を開催しています。
カテーテル治療(CAG・PCI・PPI)は年間に600件以上行っています。
ABL・PMI・ICD等不整脈の治療も増加しています。
CCU8床を有しているため、AMI・心不全等の重症患者の受け入れも行っています。
軽症から重症まで循環器看護を身につけることができます。
重症領域でのスキルアップを目指すためにCCUでの看護を経験することも可能です。
PAGE TOP

7階病棟川崎大動脈センター(大動脈外科)

7階病棟は大動脈疾患に特化した病棟で、大動脈の治療を必要とされる患者さんが入院されます。全国各地から当院での治療を希望し、来院される患者が多く、積極的に受け入れています。
当院は、ドクターカーシステムを導入しており、当院の医師が救急車に同乗し緊急手術が必要な患者さんの所に向かい、迅速な診断を行います。当院搬送後、早急に手術が受けられるように、手術に関わる全スタッフが準備を整えます。
患者さんの治療を一貫して行うために入院から集中治療、退院までをワンフロアで行い、リハビリテーション科・栄養科・薬剤部・MSW等の医療従事者が連携を取り、患者さんの療養生活をサポートしています。
主な疾患・治療
主な診察対象は大動脈瘤・大動脈解離になります。
開胸手術・開腹手術・ステントグラフト術など過去には手術成績の思わしくなかった手術を行っており、高齢者や合併症を持つ患者さんの重症症例にも対応しています。
こんな看護が身につく
腹部大動脈瘤の手術直後や急性大動脈解離StanfordBなどの手術・急性期治療を病棟で受け入れており、急性期看護を学とことができます。また、予定手術の入院から退院、緊急入院からの転院、術後のリハビリテーションに至るまで今後の患者さんの生活を踏まえた看護を一貫して学べます。 急性期・慢性期ともに患者さんに寄り添った看護展開を行うことができ、看護師としての視野が広がります。
目指す看護
看護部教育の中に“2年間で、あなたも急性期のプロになれる”というスローガンがあります。7階病棟では、急性期病棟のため、急変対応の勉強会を開催し、積極的にBLSやICLSの資格を取り、対応能力の向上を目標にしています。 看護部の教育や病棟の特色を生かした勉強会を開催し、スタッフが意見を言える環境と患者さんの今後の生活を尊重した看護を目指しています。
 
PAGE TOP