看護師のご紹介 Nurses

看護師インタビュー
入野 虎義

断らない医療を実践する当院では、救急患者が集中し医師の手が足りず、比較的軽症の患者さんを待たせてしまう場面もあります。医師の指示無しではできないことが多い看護師という職種にジレンマを感じていました。 「目の前の患者さんを待たせずにちゃんと診たい」これが診療看護師を目指した動機です。
ただ、その当時は診療看護師の認知度は低く、臨床の現場に診療看護師を受け入れることは当院では難しいのではないかと考えていました。退職する覚悟でしたね。 しかし、看護部長が「診療看護師になって戻ってくるまでに入野くんが活躍できる環境をつくるから、当院でがんばって欲しい」とおっしゃり、病院側と調整してくださいました。
診療部の先生方もたいへん好意的で、診療看護師1年目の1年間、初期研修医と一緒にわたしたちの研修をしてくださり、わたしたちが活躍できる場を考えてくださいました。医師と看護部の理解があり協力的なこの病院で、診療看護師の活躍の場を広げていきたいと思います。

PAGE TOP