採用情報 RECRUIT

キャリア看護師 随時採用しています

キャリア採用の方へ直接応募で採用となった方に10万円を支給

既卒エントリーの方で、紹介会社を使わず直接当院にご応募頂いた場合、採用となった方には「直接応募者支度金」として20万円を当院規定にて支給いたします。

【支給条件】
・2016年4月1日以降の既卒入職者の方
二交替常勤勤務者
准看護師は適用外
入職後3ヶ月満了後10万円、1年経過後10万円を支給させていただきます。

川崎幸病院は、救急看護・急性期看護が身につく研修・勉強会を充実させ、あなたのキャリアアップを支援します。 また、24時間保育の保育園など、子育てと仕事を両立できる職場環境も整えています。

エントリーについて

説明・見学会および採用試験は定期的に開催しています。
また、毎週木曜日午前10時から施設見学会を行っています。
まずは、お気軽に当院見学にお越しください。

  • 施設見学会
  • 説明・見学会
  • 採用試験

※当院指定の日程での調整が難しい場合には、お申込時に、エントリーシートの「ご質問・ご希望」の欄に、ご希望の日程を第3候補までご入力ください。

病棟・ユニット紹介

当院に転職して活躍中のキャリア看護師インタビュー

一年目ナースのさいわいインターンシップ体験記

わたしにとっては、子育てとキャリアアップを両立できることが川崎幸病院の魅力です。

当院入職7年目

ICU科長
宮口 貴子

川崎幸病院に入職を決めた理由

転職当時は子供が1歳未満だったため、保育体制がしっかりしていることが転職の第一条件でした。くわえて、看護師としての自身のキャリアアップも大切にし、夜勤帯や土日もしっかりと勤務したいと考えていましたので、24時間365日体制の保育施設がある病院に絞りました。
当院を選んだ決め手は、子連れでの採用面接を即答で快諾していただけたことです。看護部長室で、看護部長と私と息子の三人で面談しました。その対応の良さに、子育てに理解がある病院だと確信できました。

実際に当院で勤務して感じたこと

スタッフの希望を聞き入れてくれる病院だなと実感しました。病棟配属も本人の希望を最優先してくださいますし、スタッフ一人ひとりのやりたい看護、目指したい看護を尊重し、支援してくれる病院ですね。目標をしっかりと持った看護師さんには川崎幸病院は魅力的な病院だと思います。
その次に驚いたのは、組織としてのスピード感と風通しの良さです。スタッフからの提案に対する上長のレスポンスが早いです。中途採用の職員の意見でもしっかりと聞き入れ、質の高いケアや、はたらきやすい職場づくりにつながる良い提案であれば、どんどん取り入れていこうという雰囲気がある病院ですね。

当院の研修体制について

まず、救急看護、急性期看護を身につけるための研修体制が充実していますね。特にBLSとICLSは、当院では外部研修を受けなくても院内でプロバイダー認定資格を取得することができます。BLS、ICLSは、急性期の現場では必要不可欠な知識であるため、このような資格取得制度があるのはありがたいです。ほかにも、院内外の研修が充実し病棟単位でも独自の勉強会を開いており、専門性を高められます。
また、資格取得などキャリアアップを全面的にサポートしてもらえることも、やりがいにつながっています。認定看護管理者資格を目指したときも、病院が費用負担をし、勤務も病棟のメンバーの理解が得られ、協力してもらえました。

当院のおすすめポイントは

私にとっては、子育てとキャリアアップを両立できることが当院の魅力です。保育施設も充実していますが、子供が発熱した時にはこころよく休みをくださるなど、病院全体として子育てへの理解があることがなによりもありがたいですね。
断らない医療を実践していることも大きな魅力です。“救急車を絶対に断らない”ことを理念に、各科が当直体制をとり、全スタッフが一丸となって救急医療に取り組む姿勢には感銘を受けましたし、自分もその一員としてはたらけることに医療者としての誇りを感じています。川崎幸病院に出会い、満足のできる転職ができたことをうれしく感じています。

ACU (大動脈専門治療室)

「国内最多の治療実績をささえる看護」

川崎幸病院川崎大動脈センターは大動脈瘤・大動脈解離の治療を専門に行っている国内唯一の医療センターです。2003年に国内初の大動脈専門施設として開設以来、すべての大動脈瘤・大動脈解離に対して、また手術困難といわれているハイリスク患者や超高齢者に対する手術も行い、治療実績、特に手術件数においては国内最多の実績です。 ACUは術後の集中治療を行う専門治療室です。大動脈診療に精通した専属の看護師・臨床工学技士・理学療法士とともに、質の高い大動脈術後の専門管理を行っています。
医師の技術を頼りに来院する患者さんとそのご家族に、看護も含めた診療に対して満足していただけるようチームで連携をとって取り組んでいます。

年間手術件数約600件
一般病床:42床
ACU1(ICU):8床
ACU2(HCU):8床
センター専用リハ室

  • ACU(大動脈専用治療室)充分なスペースを確保

    ACU(大動脈専用治療室)
    充分なスペースを確保

  • ACUの隣室に専用のリハビリテーション室を完備

    ACUの隣室に専用のリハビリテーション室を完備

川崎大動脈センターホームページはこちら

エントリーはこちら

PAGE TOP

ICU (集中治療室)

「高度医療の提供を担う中心的ユニット」

急性期・重症疾患患者を対象として、緊急入院、緊急手術、院内発症の急変対応など、専門性に基づく医療・看護の提供を行う、当院の高度医療を担う中心的ユニットです。 多岐にわたる複合疾患を理解し看護に結びつけるために、クリティカルケアを学び、安全な看護を提供できるよう教育・指導を行うとともに、カンファレンスなどスタッフの意見交換の場を大切にし、患者さんが回復に向かうための良質なチーム医療・看護を提供できるよう努めます。

ICU:8床

  • ICU(8床)。高度医療の中心を担う、中心的ユニットです。

    ICU(8床)。高度医療の中心を担う、中心的ユニットです。

  • 24時間365日断らない救急医療をささえています。

    24時間365日断らない救急医療をささえています。

ICU紹介ページはこちら

エントリーはこちら

PAGE TOP

CCU (冠疾患集中治療室)

「専門性に基づく包括的な看護を提供します」

心臓病センターは循環器内科を主体に、心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈などを主要疾患とし、心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈拡張術の短期入院、ペースメーカー・ICD植え込み術、アブレーション治療などを行っています。 CCUでは、冠動脈疾患の高度専門治療から、IABP・PCPSなどの専門機器の管理、心臓リハビリテーションまで、専門性に基づく包括的な医療、看護の提供をしています。
多職種がチームとして患者さんの早期離床を実践しています。

CCU:8床
アンギオ室:2室

  • CCU(8床)。循環器急性期看護の専門スキルが身につく環境です。

    CCU(8床)。
    循環器急性期看護の専門スキルが身につく環境です。

  • アンギオ室は2室。アブレーション治療など高度専門治療を行っています。

    アンギオ室は2室。アブレーション治療など高度専門治療を行っています。

エントリーはこちら

PAGE TOP

SCU (脳卒中ケアユニット)

「残存機能を活かした生活につなげる看護」

当院脳血管センターは、脳神経外科を主体とした病棟です。SCU(脳卒中ケアユニット)を9床持ち、急性期からの患者を受入れています。くも膜下出血、脳出血、脳梗塞等の急性期の脳血管障害を主体に、365日24時間体制で診療を行っており、超急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法(t-PA投与)も積極的に行っています。 SCUでは、医師・看護師・リハビリテーション科・医療相談科・医療クラークが連携し、患者さんの情報を共有しながら治療・転帰の方針をチームで検討しています。 脳の障害部位に応じて出現する症状は様々で、急性期の全身管理をすると同時に、早期にリハビリを開始し残存機能を活かした生活につなげられるよう多職種と協力し患者主体の看護に取り組んでいます。

SCU:9床
脳アンギオ室:1室

  • SCU(9床)。脳卒中の集中的治療を行い、早期の回復に寄与しています。

    SCU(9床)。
    脳卒中の集中的治療を行い、早期の回復に寄与しています。

  • 脳アンギオ室。365日24時間体制で、脳卒中を中心とした急性期治療をしています。

    脳アンギオ室。365日24時間体制で、脳卒中を中心とした急性期治療をしています。

エントリーはこちら

PAGE TOP

HCU(ハイケアユニット)

ICUと連携した重症集中ケアユニット

HCUは8床で、主に消化器病センターの患者の集中治療・看護を行っています。 外科、消化器内科でショックバイタル、意識障害、呼吸不全増悪などの重症患者や、手術後の患者の受け入れを行っています。 また、6階ICUとベッド調整をし、内科や泌尿器科、整形外科の受け入れも積極的に行っている重症集中ケアユニットです。

HCU:8床

  • HCU(8床)。消化器系疾患を中心にしながらも、多様な症例の集中管理を行うユニットです。
  • HCU(8床)
    消化器系疾患を中心にしながらも、多様な症例の集中管理を行うユニットです。

エントリーはこちら

PAGE TOP

手術室

手術室看護師募集中! 募集人数 手術室看護師10名

オープニングスタッフとして手術室看護師を募集しています。
新しい手術室で、一緒にはたらきませんか?

断らない救急をささえる、充実の手術設備

当手術室はハイブリッド手術室を含む全7室で稼働しています。
救急診療の整備拡大と診療科の増加も加わり、月の手術件数は360件を超え、年間手術件数は4,360件に達する勢いです。夜間・休日の緊急手術も増え365日24時間対応しています。
現在、手術室増室を計画しているため、今後も明らかな手術件数の増加が見込まれる予定です。 私達は定例手術に加え、緊急手術はさらに増えることを想定して冷静・柔軟に対応するため日々の業務の中で教育を行っています。

  • 心臓血管外科・脳神経外科・消化器外科・整形外科・婦人科・IVR科・泌尿器科・血管外科などに幅広く対応

    心臓血管外科・脳神経外科・消化器外科・整形外科・婦人科・IVR科・泌尿器科・血管外科などに幅広く対応

  • 手術室のうち1室は、近年注目を集め始めた「ハイブリッド手術室」を導入しています。

    手術室のうち1室は、近年注目を集め始めた「ハイブリッド手術室」を導入しています。

エントリーはこちら

PAGE TOP

救急外来(ER)

「24時間365日 断らない救急医療を実践しています」

「断わらない救急」を使命として重症患者だけではなく、不安を抱えるすべての患者さんに対して救急・総合診療部医師が初期診療を行い、継続加療・入院の必要があれば各科の専門医に引き継ぎます。 救急外来には、様々な病態の患者さんがいらっしゃいます。帰宅可能な一次救急患者さんから、入院加療の必要な二次救急患者さん、手術や集中治療の必要な三次救急患者さんまで幅広く対応しています。
救急看護においては知識や経験はもちろんですが、何より高い観察力が必要とされます。また救急の場面であるからこその「看護の基本」である接遇や気配りも大切にしていきたいと考えます。

救命処置:3床
診察室:7室(陰圧室含む)
ホールディングベッド:14 床
(簡易個室2室含む)
CT撮影装置(東芝製320列CT)

  • 24時間365日断らない救急を、病院職員が一丸となって実践します。

    24時間365日断らない救急を、病院職員が一丸となって実践します。

  • 2013年は年間9,928台の救急車を受け入れており、更なる増加が見込まれます。

    2013年は年間9,928台の救急車を受け入れており、更なる増加が見込まれます。

救急外来職場紹介

エントリーはこちら

PAGE TOP

専門・認定部門

専門・認定看護師が活躍できる病院

専門・認定看護師さんには、各々の専門知識を十分に発揮し、当院の看護の質とレベルを向上していただきたいと願っています。そのために必要な支援は積極的に行い、働きがいのある環境づくりをサポートします。
あなたの専門スキルを当院で活かしてみませんか?
まずは、下記からエントリーしていただき、あなたのキャリアプランをわたくしたちにお聞かせください。配属はあなたの希望を伺いながら、各専門領域で活躍できるように援助します。
これから専門・認定看護師に挑戦する方も、歓迎しています。

専門・認定部門

エントリーはこちら

PAGE TOP

手術室看護師、救急外来看護師募集中

断らない救急を実践する川崎幸病院では、今年度、救急医療のさらなる充実を目指し、手術室看護師、救急外来看護師の増員を予定しています。手術室看護、救急看護のご経験をお持ちの方、ぜひ、この機会に一度見学会にお越しください。 川崎幸病院にはあなたのキャリアを生かす環境があります。

病院見学会/採用試験

  • 開催日:

    随時

  • 内容:

    ・手術室、救急外来の見学
    ・科長との面談
    ※見学会当日の採用試験も行っています。

  • 持ち物:

    採用試験を希望される方は、履歴書(写真添付)・健康診断書(3ヶ月以内)・看護師免許のコピーを郵送または電話連絡後にご持参ください。

エントリーはこちら

※エントリーシートの「希望内容」は「説明・見学会」をお選びいただき、希望日程をご入力ください。
※「当院エントリーのきっかけ」の欄に、「手術室看護師、救急外来看護師募集を見て」
とご記入いただき、どちらの領域をご希望かご入力ください。

手術室部門のご紹介

  • 採用予定10名

手術室部門のご紹介

専門性の高い手術室看護

救急診療の整備拡大と診療科の増加も加わり、年間手術件数は3,500件近くとなり、月の手術件数は300件を超え、緊急手術にも日夜対応しています。
"断らない救急"を実践する私たちは、定例手術に加え緊急手術はさらに増えることを想定して、冷静・柔軟に対応するため日々の業務を行っています。
患者の安全を第一に、確実な技術の習得と、専門性の高い手術室看護を提供するため努力を続けています。
手術室の運営には診療科医師・麻酔医・コメデイカルとの連携・協力が必要でありチームとして一丸となり取り組んでいます。

年間手術件数3,500件。
心臓血管外科・脳神経外科・消化器外科・整形外科・泌尿器科・IVR科などに幅広く対応しています。

専門性の高い手術室看護
手術室は7室。
写真はハイブリッド手術室です

専門性の高い手術室看護
4階フロアすべてが手術エリア。
ゆったりした職場環境で看護に
集中できます。

手術室職場紹介

勤務体制
手術室 平日 8:30~17:00 60分 7.5時間 2交代待機
PAGE TOP

救急外来のご紹介

  • 採用予定15名

救急外来のご紹介

断らない救急を実践します

『断わらない救急』を使命として重症患者だけではなく、不安を抱える全ての患者さんに対して救急・総合診療部医師が初期診療を行い継続加療入院の必要があれば各科の専門医に引き継がれます。
救急外来には、様々な病態の患者さんがいらっしゃいます。帰宅可能な一次救急患者さんから、入院加療の必要な二次救急患者さん、手術や集中治療の必要な三次救急患者さんまで幅広く対応しています。

救命処置3床、診察室7室(陰圧室含む)、ホールディングベッド14 床(簡易個室2室含む)、CT撮影装置(東芝製320列CT)を備えています。地域の救急医療の拠点として、年間10,000台を目標として救急車を受け入れていきます。

専門性の高い手術室看護

専門性の高い手術室看護

救急外来職場紹介

勤務体制
救急外来 日勤 8:30~17:00 60分 7.5時間 2交代
準夜 16:30~23:30 30分 6.5時間
深夜 23:00~9:00 60分 9.5時間
PAGE TOP

介護福祉士募集のご案内

  • 採用予定5名

患者さんの介助など、看護補助業務をお願いします

イメージ

■ 給与・手当・保険・福利厚生
  • 給与・待遇 月給190,000円・・・初任給(基本給180,000円、住宅手当10,000円)経験加算あり
  • 保険・福利厚生 保養施設等優待利用可、納涼祭、職員旅行他充実しています
  • 休日・休暇 4週8休制 年間休日104日、夏期休暇(2日)
    年次有給休暇:(初年度12日、2年目15日、3年目以降20日)
  • 賞与 年2回(7月・12月)
  • 昇給 年1回(4月)
■ 応募方法

履歴書(写真添付)・健康診断書(3ヶ月以内)・免許のコピーを郵送または電話連絡後にご持参ください。

応募方法