病棟紹介Ward

認定看護師/診療看護師

地域の急性期医療を担う病院として

診療看護師

診療看護師とは

5年以上の臨床経験を積んだ上で、指定の大学院で2年間の修士課程で医学・看護学を学び、認定試験に合格した看護師のことです。高度な知識と技能が特に必要とされる特定行為(21区分38行為)を、医師の包括的な指示のもと、手順書により行うことができます。

診療看護師は、患者さんの症状・病態に応じ必要な看護・治療を自らの判断で行えるようになります。

当院では、診療看護師は診療部の協力のもと2年間の研修を行います。初期研修医と同様に各診療科をローテーションで回ったり、指導医に付いて救急外来での初期診療に入りながら、臨床で必要な知識・技術を学びます。
研修修了後、診療部と相談しながら、それぞれのキャリアプランに沿って、どの診療科で業務するかを選択します。現在、脳神経外科、心臓外科などで業務を行っています。

脳神経外科で活躍する診療看護師

診療看護師

和出 南
2012年入職

脳神経外科での主な業務

脳卒中治療は時間との勝負です。救急搬送されてから診断、治療までの時間を極力短縮するため、当院では脳外科医師の補佐を診療看護師が担っています。また、病棟では医師不在時の患者管理を行っています。

緊急手術時の補佐

急性期脳梗塞は発症からどれだけ速やかに血栓回収ができるかにより、予後に大きな影響を及ぼします。血栓回収までの時間を少しでも短縮するために、診療看護師が医師の補佐を担っています。救急外来での診察、点滴や検査等のオーダー代行を行い、手術の準備など一連の流れに関わりながら、1分でも1秒でも早く血栓回収し血管の再開通が得られるように努めています。

病棟での業務

病棟では主に、医師が手術や外来診療で不在時の患者管理を行っています。具体的には、処方オーダー、検査オーダー代行や処置(抜糸、抜鉤、気切カニューレの交換、PICC挿入)、呼吸管理が必要な患者さんのCT/MRI検査の対応などを行っています。
医師が不在時にも、患者さんを待たせることなく指示がもらえ処置をしてもらえると、病棟からは評価をいただいています。

2年間の研修

診療看護師

新井 淳一郎
2017年入職

当院の医師は診療看護師に対して理解があり協力的です。診療看護師にとってとても恵まれた環境で学ぶことができています。

大学院で2年間学んできましたが、実際に臨床に入ると今まで学んだことはほんの一部なのだと実感しています。臨床で必要な知識・技術をしっかりと学び、診療看護師として果たすべく役割を見つけ当院で活躍していきたいと思います。

① 診療各科ローテーション研修

初期研修医と同様に、診療各科をローテーションで回り臨床に必要な知識・技術を学びます。当院の診療部はたいへん協力的で、多くの診療科に受入していただき、1~2ヶ月のスパンで各診療科を回っています。多くの診療科を回れることが当院の研修の特徴です。

ローテーション受入診療科:消化器外科/消化器内科/婦人科/脳神経外科/循環器内科/腎臓内科/泌尿器科/心臓外科/大動脈外科/麻酔科/放射線診断科

②救急外来での初期診療

指導医に付いて、救急外来で、搬送患者やウォークイン患者の初期診療を行います。

③臨床推論カンファレンス(ERカンファ)への参加

平日の朝9時から1時間かけて毎日実施している臨床推論カンファレンスに参加しています。初期研修医とともに、夜間に救急搬送された患者さんの主訴、病歴と身体所見、検査データなどから鑑別疾患を考え、論理的に診断を絞り込むトレーニングをします。