教育・研修

  • TOP > 
  • 教育・研修
2年間で、あなたも急性期看護のプロになれる

教育担当からのメッセージ 教育担当副部長 丸田 恵美

一人ひとりを大切に育てます

看護師1年目は、うまくいかないことも多く、日々の業務と勉強に追われ、大変なことの多い1年です。
だからこそ、わたしたちは新人看護師の成長をサポートできるような教育体制づくりを大切にしてきました。
4月の1ヶ月研修もその一つ。学校で学んだことを振り返り、実技をしっかりと練習し、自信をつけてから病棟に配属しています。
病棟配属後も月に1回中央研修を行い新人全員が集れる機会をつくっています。
2年間で急性期看護の実践力がしっかり身につくようなプログラムを組み立て、一人ひとりの成長のペースに合わせてサポートし、全員が急性期看護のプロになれるように支援したいと思います。

教育・研修のポイント
  • ポイント1
    新卒(キャリア)
    2年間で救急看護の実践力が身につく

    BLS・ICLS院内プロバイダー資格取得制度

  • ポイント2
    新卒
    同期の絆が生まれる4月1ヶ月研修

    4月の1ヶ月研修で自信をつけて5月から病棟配属

  • ポイント3
    新卒
    教育担当が新人の成長を支援

    どんなことでも話せる、新人ナース全員の相談役

  • ポイント4
    新卒・キャリア
    急性期看護が身につく環境

    あなたの目指したい看護を尊重し支援します

  • ポイント5
    新卒・キャリア
    充実のオンライン学習ツール

    いつでもどこでも利用可能!

PAGE TOP
2年間で救急看護の実践力が身につく

ポイント1

どんな場面でも、どんな急変にあたっても、しっかりと対応できる看護師を育てるために、2年間で救急看護の実践力が身につく教育プログラムを組んでいます。
新卒1年目の研修では、2ヶ月に1回のペースでBLS(一次救命処置)の実技を、2年目ではより高度な蘇生法であるICLS、ACLS(二次救命処置)の研修をくり返し行います。一連の手技を反復することで3年目を迎える頃には、患者急変時にも自然と体が動くようになっていきます。

BLS:一次救命処置

2ヶ月に1回のペースで実技研修

BLS:一次救命処置BLS:一次救命処置

BLSは、特殊な器具や医薬品を用いずに行う一次救命処置です。
新卒1年目研修としてBLSを2ヶ月に1回のペースでくり返し行い、意識・呼吸の確認、気道確保、胸骨圧迫による心肺蘇生、AEDによる除細動といった一連の手技をくり返し、全員が確実に身につけることができるようにしています。

ICLS:二次救命処置

月1回、川崎幸ICLSコースを開催

ICLS:二次救命処置ICLS:二次救命処置

”突然の心停止に対する対応と適切なチーム蘇生”の習得を目的とし、胸骨圧迫、気道管理、気管挿管介助、除細動、薬剤投与などの一連の手技を学びます。
当院では職員が「川崎幸ICLSコース」という院内のICLSコースを運営しており、月1回のペースでコースを開催しています。
このコースは救急医学会からコース認定をされているため、コース受講者はICLSプロバイダー資格を取得できます。

BLS・ICLSプロバイダー院内資格取得制度

当院では、BLSとICLSは外部研修を受けなくても院内でプロバイダー認定資格を取得することができます。
BLS、ICLSは急性期の現場では必要な知識・技術であるため、より多くのスタッフの資格取得を支援する制度を整えています。

1年目年度末にBLSプロバイダーを取得

BLSプロバイダーを取得 院内資格取得制度により、新卒1年目の年度末には新卒看護師全員がBLSプロバイダー資格を取得します。

カンガルーBLS

カンガルーBLS 2011年に看護師と救命士で結成し、医療従事者から、一般市民、子供まで、その人のレベルにあった救急医療の講習会を実施しています。
当院の看護師・救急救命士もカンガルーBLSに所属し、院内でのBLSプロバイダー資格取得コースを開催しています。

カンガルーBLSホームページはこちら

PAGE TOP
同期の絆が生まれる4月1ヶ月研修

ポイント2

学校を卒業してすぐに臨床に入るのは誰もが不安だと思います。
そこで、当院では4月の1ヶ月間を集合研修にしています。
1ヶ月かけて、新人全員で学校で学んできたことを一緒に振り返り、採血や点滴などの実技をくり返し練習できる時間をつくり、技術チェックを行い自信をつけてから病棟配属としています。
新人全員で1ヶ月間一緒に研修するので、自然と同期のつながりが強くなります。
どんなことも話し合うことができる同期の仲間とお互いに励まし合いながら、看護師として成長していただきたいと願っています。

新人集合研修プログラム(毎年バージョンアップしています)
1日目 ◇オリエンテーション  ◇医療安全管理体制
2日目 ◇電子カルテ  ◇看護支援システム  ◇看護記録
3日目 ◇看護必要度
4日目 ◇フィジカルアセスメント◇体位変換・トランスファー
5日目 ◇救急救命処置・技術
6日目 ◇感染管理
7日目 ◇深部静脈血栓予防・パルスオキシメーター
◇心電図の基礎とモニターの見方、モニターアラーム対応
8日目 ◇輸血管理・検体検査の取り扱い
◇酸素療法・吸引・吸入・酸素ボンベの取り扱い
9日目 ◇排泄援助技術(導尿・膀胱留置カテーテル・浣腸・摘便など)
◇薬剤(麻薬・向精神薬・血液製剤含む)の管理・救急薬剤について
10日目 ◇糖尿病看護(血糖測定・インスリンなど)
11日目 ◇処方から与薬(オーダリング)  ◇透析看護
12日目 ◇NSTと創傷管理・褥創管理技術
13日目 ◇注射・点滴・中心静脈栄養   ◇輸液ポンプ・シリンジポンプ
◇注射(指示受け~実施まで、医療安全含む)
14日目 ◇清潔援助、死後の処置
15日目 ◇経管栄養・胃管挿入と管理  ◇胃瘻管理 ◇口腔衛生管理
16日目 ◇接遇  ◇メイクアップ教室
17日目 ◇看護部概要  ◇卒後教育  ◇災害看護
18日目 ◇ドレナージ管理(胸腔・経皮経肝胆道・脳神経外科領域)
◇トータルヘルスプロモーション ◇メンタルヘルスケア
19日目 ◇OPE室看護  ◇食事介助  ◇高齢者虐待予防
20日目 ◇ケースレポート
21日目 ◇技術チェック

新人オリエンテーションプログラム

新人オリエンテーションプログラム

新人オリエンテーションプログラム

新人オリエンテーションプログラム

新人オリエンテーションプログラム

プリセプター制度と集合研修でフォローアップ

病棟配属後はマンツーマンでプリセプターがつき、新人ナースをサポートします。
さらに、1年目は病棟での教育のほかに1カ月に1回中央研修を行い新人全員が集れる機会をつくっています。
現場に入ると、どうしても目の前の問題解決に必死になってしまい、先の目標が見えなくなりがちになるので、研修内容もグループワークを多めに入れ、みんなで情報共有し、個々の目標を確認し合えるようにしています。

プリセプター制度について

プリセプターが1対1で、1年間指導します!

プリセプターが新人ナースの成長をフォロー。一人ひとりの能力を把握し、個人に合わせた指導を行います。

プリセプターインタビュー

プリセプター 諸橋 美緒
プリセプター
諸橋 美緒
2014年入職
日本保健医療大学保健医療学部看護学科 卒
心臓病センター勤務
困ったときにすぐにわたしに相談をしやすいように、いつもプリセプティにとって一番近い存在でいられるように心がけています。
自分がプリセプティの時に経験したことや苦労したことを思い出しながら、プリセプティと接するようにしています。
プリセプティの看護知識・技術の習熟度を見ながら、「次はこういった課題が出てきて苦労すると思うよ」と自分の経験から予測して伝えるようにしています。懸命にがんばっているプリセプティが、次の課題に取り組む準備を事前にできるようにしてあげたいですね。
人に教えるということはむずかしいことですが、先輩方から良きアドバイスをいただきながら、自分もプリセプティと一緒に成長していきたいと思っています。一人ひとりにあった教え方、アドバイスができるようなプリセプターになりたいですね。

PAGE TOP
教育担当が新人の成長を支援(臨床支援ナース)

ポイント3

どんなことでも話せる、新人ナース全員の相談役

5月に病棟配属となった後はマンツーマンでプリセプターがつき、各病棟で新人教育をしていきますが、教育担当の副部長も「臨床支援ナース」として、定期的に院内をラウンドして新人全員の成長をサポートしています。
「不安なことはないかな?悩んでいることはないかな?」とこちらから新人全員に声をかけ、じっくりと話を聞いています。
もし新人さんからSOSのサインがあれば、病棟の科長、主任、プリセプターの話し合いに教育担当も新人の代弁者として入り、病棟のスタッフと相談しながら解決策を考えています。
どんなことでも話すことができ、時には一緒に食事にも行ける。
新人看護師全員のよき相談役です。

PAGE TOP
急性期看護が身につく環境

ポイント4

川崎幸病院は2012年6月に新築移転しその機能を拡充。
処置室3床・ホールディングベッド14床をもつER、ハイブリッド手術室1室を含む10室に拡大する手術フロア、ICU8床のほかに各病棟にCCU(冠疾患集中治療室)・SCU(脳卒中ケアユニット)など専門の超急性期病床計49床を備え、専門性に基づいた重症集中医療・看護を行う体制をつくりました。
また、今後さらにセンター機能を拡充する構想もあり、重症・集中ケアを学ぶ環境を整えていきます。

超急性期病床

超急性期病床 【超急性期病床49床】
ICU・・・8床
CCU(冠疾患集中治療室)・・・8床
SCU(脳卒中集中治療室)・・・9床
ACU(大動脈センター集中治療室)・・・16床
HCU(ハイケアユニット)・・・8床

専門性に基づいた重症集中看護を学ぶ環境が整っています。

救急看護、急性期看護が身につく充実の研修

自分が目指す看護を学び、専門性を追求できるように、院内資格取得制度や研修・勉強会を充実させています。

BLS・ICLS院内資格取得制度

BLSとICLSは外部研修を受けなくても、全職員が院内でプロバイダー認定資格を取得することができます。急性期の現場では必要な知識・技術をより多くのスタッフが取得できるように制度を整えました。

資格取得を支援します

当院では専門・認定看護師受講の学費援助など各種資格取得の支援をしています。

さいわいクリティカルケア看護プログラム

クリティカルケア看護プログラム さいわいクリティカルケア看護プログラムとは、当院のラダー教育に準じた、よりクリティカルケア看護に特化した教育プログラムです。2017年より開設し、講師は当院の専門看護師・認定看護師が担当しています。クリティカルケア看護を主体的に学びたい方に、学びの場を提供します。

Team STEPPS

Team STEPPS Team STEPPSとは、米国で作成された医療安全推進のためのツールで、当院看護師が、当院の米国研修期間中に米国にてマスタートレーナーを取得し、2014年から当院の研修に導入しました。
当院では1年目の看護師から、各ラダーごとにTeam STEPPSを研修に取り入れています。

トピックス研修・病棟単位での勉強会

全看護師を対象に、救急看護、心電図、透析看護などのトピック研修を多数開催。また、病棟単位でも自主的にテーマを決め勉強会を実施しています。
川崎幸病院では看護師の知識向上のため、医師達も研修の講師として協力をしてくれています。

PAGE TOP
充実のオンライン学習ツール
ポイント5

川崎幸病院では、「ナーシング・スキル日本版」と「学研ナーシングサポート」という2つのオンライン看護技術学習ツールを導入しています。
院内はもちろん自宅のパソコンやスマホからもアクセスが可能ですので、自分のペースで学習ができます。

ベッドサイドでも手順書として使用できる

ナーシング・スキルの看護手順書は、院内の電子カルテ端末からも閲覧可能にしています。
先輩から新しい看護技術を教わるときも、自宅で予習し、ナースステーションで予習し、不安があればベッドサイドで直前まで見直すことができるので、新人ナースも安心です。

ナーシング・スキル日本版

私たちの看護を支える看護技術教育支援ツール

当院看護部では、ナーシング・スキル日本版というオンラインの看護技術教育ツールを採用しています。
必要な人が必要な時に利用でき、動画や画像と共に、分かりやすいテキストで解説されているため、限られた時間の中で効果的なスキルアップを図ることができます。
看護師は、現場での患者さんのケア、コミュニケーションの時間を最も優先しなければなりません。同時に日々の多忙な業務の中で日進月歩の看護技術を知り、スキルアップしていくことも求められます。ナーシング・スキル日本版はこうした環境にマッチしているツールです。

ナーシング・スキル日本版

充実したコンテンツと機能

  • 最新情報がいつでもウェブ上に

    院内からはもちろん、自宅からでも参照することができ、離職中の現場感覚維持にも役立ちます
  • 動画で正しく確認

    動画を見ることで看護手順を早く、正しく理解でき、メディカルエラーの軽減にも役立ちます
  • テストとチェックリストで理解度の確認

    eラーニング機能で各自の履修履歴も確認できます
  • カスタマイズできるコンテンツ

    収載されているコンテンツをカスタマイズしたり、新しいコンテンツを追加することも可能です

>>ナーシング・スキル日本版

学研ナーシングサポート

いつでもどこでも受講できる「講義宅配便」

学研ナーシングサポートは、著名な講師による最新の講義をいつでもどこでも受講できる、
インターネットによる「講義宅配便」です。看護師卒後研修の努力義務化を背景として、
いま、定期的かつ系統的なOFF-JTの必要性が高まっています。

1、第一線で活躍する講師の講義をインターネット配信!

学研ナーシングサポートは、著名な講師陣による講義が特長です。
60分間の講義を通じて、最新の情報,技術,知識を得ることができます。

2、3つのコース設定で効果のあがる講義!

学研ナーシングサポートは、
◇基礎習得コース(新人看護職員研修ガイドラインに基づく)
◇中堅コース
◇管理職・チーム医療コース
という3つのコースを設定しています。各テーマの到達目標がはっきりしており、定期的かつ系統的な研修の受講が可能です。その他医療安全、院内感染対策の講義も準備しております。

3、資料もダウンロード可能!

講義についてくる資料、評価ツールとなるテスト、アンケートは配信期間中パソコンにダウンロードし、いつでも確認にご利用いただけます。

4、いつでもどこでも講義が受けられる!

学研ナーシングサポートのシステムは、インターネットに接続できるパソコンがあれば、時間と場所を選ばず受講が可能です。集合研修に参加できなかった方や、育児休暇中の方もご自宅のパソコンで自己研鎖していただけます。各講義は、パスワードさえ入力すれば、どのパソコンでも、そしてどのコースでも視聴期間中、何回でもご覧いただけます。

>>学研ナーシングサポート

 
PAGE TOP