病棟紹介Ward

集中治療室/中央部門

集中治療室/中央部門

10階:消化器病センター
9階:脳血管センター
8階:川崎心臓病センター
7階:川崎大動脈センター
6階
4階
2階

ACU2

大動脈センターHCU

ACU2=Aortic Care Unit2(HCU基準)
周術期看護からリハビリに至るまで、ワンフロアでの一貫した看護を可能にした大動脈疾患の専門治療室です。
ACU2ではACU1からの継続した看護に加えて、急性大動脈解離直後の保存加療、ステント治療後の全身管理も行っています。

ACU看護科長からのメッセージ

主な対象疾患・治療
  • 大動脈基部疾患
  • 大動脈瘤
  • 大動脈解離
  • その他大動脈外科対象疾患全般
  • 上記疾患に対し人工血管置換術施行後に起こる合併症の患者管理
私たちの看護の概要

ACU1からACU2を経由することで患者さんの全身状態を整え、より安定した状態で一般床での継続した看護を可能にしています。
一般床・ACU1・ACU2の3病棟によるワンフロアでの一貫した看護により、転床で起こる不安を取り除き、他職種と協力しながら、術後の患者管理を系統的に行っています。

こんな看護知識・技術が身につく

周手術期に起こる様々な合併症で長期治療が必要となった患者さんに対し、多職種と連携し人工呼吸器のウィニング、脳血管障害、対麻痺、嚥下機能低下、腎機能障害など多岐にわたる病態の理解ができます。

私たちの看護の魅力

重大な侵襲を受けた患者さんの全身管理です。呼吸器ウィニングや医療機器・薬剤などの知識・技術を身につけることができます。 また4:1看護であり、患者さんとの密接な関わりの中でアセスメント力が身につき、多職種と連携し患者さんを回復に向け関わっていくことができます。

私たちの取り組み、目指す看護

大動脈センターは、国内最多の手術件数を誇り、他院で「手術が難しい」と言われたハイリスクな患者さんの手術や、病院理念に基づき365日24時間緊急手術を受け入れています。手術件数が多いことで術後管理に強くなり、多くの経験を積むことができます。
また、合併症を併発し長期治療が必要となった患者さん・ご家族に対し、寄り添う家族看護も大切にしています。
大動脈センターでは、一般病棟とユニットの看護師のローテーションを行い、術後の管理から退院に至るまで大動脈専門のオールマイティな看護師の育成を目指しています。
患者さんを中心にチーム力を活かし、活気あふれる部署となっています。

教育・フォローについて

ACUでは、新卒はもちろん、既卒にも必要に応じプリセプターをつけています。
定期的にプリセプター会議を実施して情報を共有し、センター全体で教育・フォローをしています。また、大動脈に特化した疾患や解剖生理、周術期看護などの専門的な学習も進めています。

ACU2既卒者年間教育プログラム

クリティカルケアのエキスパートを育む環境

処置が多いため、多様な看護技術を学び、経験できる環境があります。
主体的に治療に関われるため、次のステップアップとして、NP(診療看護師)やクリティカルケア領域の認定看護師を目指すスタッフが多いのも、当センターの特徴です。